ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

ガス3社・サムソン 三位置制御で省エネ、簡易貫流蒸気ボイラを開発


エコボーイ EB-160N 株式会社サムソン、東京ガス株式会社、大阪ガス株式会社、および東邦ガス株式会社は、換算蒸発量※1200kg/h以下の小容量機種では業界で初めて燃焼三位置制御を装備し、ボイラ運転効率を大幅に向上した『ガス焚き簡易貫流蒸気ボイラ EB-160N』を共同で開発し、8月1日から販売する。

今回開発された新型ボイラは、燃焼量を100%、50%、0%の3段階で制御する燃焼三位置制御が新たに採用された。これにより、蒸気負荷が100~50%までは100%と50%運転によって、負荷が50%を下回る場合は50%と0%運転によって蒸気量を調整するため、従来機よりも、ボイラ運転効率の低下を低く抑える。また、燃焼ガスフローを改良して接触伝熱量を向上させた新型缶体設計により定格時のボイラ運転効率を90%までアップ(従来機は88%)させている。

高性能ガス焚き簡易貫流蒸気ボイラの開発について



Add a Comment