ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

カテゴリー: 機械設備施工要領書

油サービスタンクへの過剰供給防止配管(2)

1)主タンクが、サービスタンクより上にある場合(軽油、灯油、重油の場合) 主タンクの油面の位置が、サービスタンクの定量における油面の位置よりも上にある場合は、サービスタンクへの過剰給油を防止する為のフロートスイッチ(サービスタンクへの給油ポンプの動力源を遮断するもの)のほか、以下のいずれか、又はこれと同等以上の安全装置を設ける。なお、装置には、作動を知らせる為の警報ブザーを併設する。
Read More

油サービスタンクへの過剰供給防止配管(1)

主タンクの油面の位置がサービスタンクの容量における油面の位置(サービスタンクがない場合は、バーナの位置)より下の場合は、サービスタンクの過剰給油を防止の為のフロートスイッチ等の自動停止機構のほか、以下のいずれか、又はこれと同等以上の安全装置を設ける。なお、装置には作動を知らせる為の警報ブザー等を併設する。
Read More

地下油タンク配管(支柱方式)

1)地下タンク(支柱方式)の配管施工法を図1に示す。
(1) 還油管はマンホールに入れる。
(2) 通気管は点検出来るようにする。
(3) 空気圧試験が出来るよう、プロテクタ内配管にフランジを付けて、配管が外せるようにしておく。
Read More

地下油タンク配管(ピット方式)

1)地下タンク(ピット方式)の配管施工法を図1に示す。
(1) 還油管はマンホールに入れる。
(2) 通気管は点検出来るようにする。
(3) 空気圧試験が出来るよう、プロテクタ内配管にフランジを付けて、配管が外せるようにしておく。
Read More

地下油タンク(ピット式)廻りの配管

4)注油口:ドライエリア、火気使用区域、避難階段を避けた位置とする。注油口の近傍にタンクローリ車のアース端子が必要か所轄消防署と打合せる。 5)配管:配管に不等な地盤質量のかかるところがないようにする。埋設配管を避け、ピットをオイルタンク躯体まで導く。
Read More

屋内油タンク配管(3)

1.適用範囲:屋内油タンクでサービスタンクと主タンクが同一レベルかサービスタンクが上にある場合。タンク:板厚は3.2mm以上の鋼板を使用し、外面さび止め塗装を行う。油量計:フロート式、圧力式、エアパージ式等で気密性のあるものを選定する。
Read More

屋内油タンク配管(2)

1.タンクを平家建以外の建物内に設置する場合は下垂ニする。 ※ダンパは、手動可能な温度ヒューズ付き防火ダンパ及び第3種消火設備の起動装置と連動して閉鎖する防火ダンパ、または、両方兼用したダンパとする。
Read More

屋内油タンク配管(1)

1)屋内タンク廻り配管施工は図1とする。
 ※貯蔵油の種類によっては照明、感知器が防爆型になる。(東京消防庁の場合)
図1 屋内タンク貯蔵所設置(原則平屋建)
Read More

屋外油タンク配管

防油堤内には、屋外貯蔵タンクの為の配管(消火設備の配管含む)以外の配管は設けない。(危規第13条)  防油堤内は、仕切堤を貫通して配管しない。ただし、防油堤等に損傷を与えないような必要な措置をした場合は、この限りではない。(危規第13条)
Read More