ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

カテゴリー: 機械設備施工要領書

機器搬入-搬入方法記入例(1)

1.搬入方法は、搬入場所によって次の方法で行う。
1)地下機械室機器  (1)搬 入  ① 東面のドライエリアから地下機械室に、7tラフターを使用してトラックの荷台上から地下へ下ろす。 ② 据付け:ポンプ類、送風機、製缶類は、地下のドライエリアから、機械室内に横引きして、据付ける。
Read More

機器搬入-工事概要記入例(2)

1.搬入日時:1階~R階機械室機器
搬入、据付工事  平成29年  月  日~ 平成29年  月  日
2.作業時間: 8:00~17:00 (全日共)
1、2階機械室エアハンドリングユニット、ファン搬入、据付工事
3、4階機械室エアハンドリングユニット、ファン搬入、据付工事
8:00~ 8:30   朝礼、作業前ミーティング(当日他作業、安全指示事項確認)
Read More

機器搬入-工事概要記入例(1)

1.搬入日時:研修棟地下機械室機器
搬入工事:平成29年6月1、2日
据付け工事:平成29年6月3~5日
研修棟1階から屋上機器、講堂棟3階排煙機
搬入、据付け工事  平成29年6月1日~平成29年8月8日(予定)
Read More

配管の防火区画貫通部施工要領

不燃材料の配管が、「建築基準法施工令第112条第15項」に規程する耐火構造等の防火区画を貫通する場合。不燃材料以外の配管が防火区画を貫通する場合は、建築基準法令に適合する工法、又は(財)日本建築センター防災性能評定委員会の評定済工法とする。
Read More

モルタル埋戻し用受材

(1) 従来のベニア板等の替りに、ワンタッチで貼り付けられ、直ぐにモルタルが流せる。 (2) 防水性シートの為、モルタルがすみずみまで凝固して、きれいに仕上がる。 (3) 重ね貼りすることで、連続穴にも使用出来る。 (4) コーナー部においても、シートをカッター等で切って使用出来る。
Read More

配管の屋上外壁貫通

1)実管:配管の通り芯及びレベルを確認して取付ける。 2)固定:配管は貫通部の前後にて固定する。 3)ラッキング:ラッキングは、折り返し部を下にする。 4)シーリング:配管との隙間に防水モルタル及びシーリング材を入念に充填する。
Read More

配管の外壁貫通

配管の通り芯に合わせてボイドを取付ける。配管との隙間に防水モルタル並びにコーキング材を入念に充填する。外部ラッキングとの間の防水処理を入念に行うこと。防火区画の壁を貫通するVP管は壁の前後1,000mmは、管サイズにより管材を鋼管等の不燃材料にて配管する。
Read More

防水床の配管貫通 ツバ付きスリーブ管の打ち込み

1) スリーブ管の取付:スリーブ管を配管の通り芯に合わせ配筋前に取付ける。
2) コーキング:スリーブ管との隙間が平均になるように配管し、モルタル、及びコーキング材を入念に充填する。
3) 防火区画の貫通:防火区画の床を貫通するVP管は、管サイズにより床の両側1,000mmを鋼管等の不燃材にて配管する。
Read More

一般壁の配管貫通

(1) 防火区画の壁を貫通するVP管は、管サイズにより壁前後1,000mmを鋼管等の不燃材料にて配管する。 (2) 貫通孔と配管との隙間はモルタル、ロックウール又は、耐火パテを充填する。 (3) 貫通部の断熱材は、不燃材(ロックウール等)とする。
Read More