ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

エバラ 防火区画貫通部の排水管工事における不適合施工


株式会社荏原製作所及びグループ会社が施工した、共同住宅の老朽化した既設排水管を新品に取り替える管更新工事業において、防火区画を貫通する部分の配管が建築基準法に定める仕様と異なる仕様で施工されていたおそれがあることが判明した。同社は、国土交通省に報告すると共に適合性調査を行う。

特定行政庁による調査の結果、東京都、宮城県において施工された管更新工事業において、2物件の不適合が判明している。また、今回不適合が判明した工事と同様の不適合が生じている疑いのある工事が31物件あることを国土交通省へ報告している。今後は、国土交通省ならびに特定行政庁の指導のもと、建築基準法に定める仕様への適合性調査を行い、不適合であることが確認された場合は、改善措置を実施する。

防火区画貫通部の排水管工事

共同住宅における防火区画貫通部の排水管工事における不適合施工について|ニュース|荏原製作所



Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です