ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

日立AP 立体的に「気流の通り道」を見つけるルームエアコンを発売


日立アプライアンス株式会社は、業界で初めて、室内を立体的にとらえて「気流の通り道」を見つける「くらしカメラ3D」を搭載した「ステンレス・クリーン 白くまくん」Xシリーズ全9機種を10月31日から発売する。

新製品は、在室者の位置や室内の間取りなどを検知する「画像カメラ」と、在室者の周囲の温度を見る「温度カメラ」に加え、今回新たにソファやテーブルなどの位置や形状を見る「ものカメラ」を 採用した「くらしカメラ3D」が搭載されました。「くらしカメラ 3D」は、人の位置や足もと付近、間取りに加えて家具の位置・形状まで検知して「気流の通り道」を見つけます。また、室内機のフラップ(風向板)には、 「3分割 フロント フラップ」が新たに採用され、独立した3枚のフラップが遠いところから近いところまで、「気流の通り道」に向けてきめ細かく気流が制御されます。

ルームエアコン「ステンレス・クリーン 白くまくん」Xシリーズを発売

くらしカメラ3D



Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です