ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

日立AP 新除霜方式の寒冷地向けビル用マルチエアコンを発売


日立アプライアンス株式会社は、寒冷地向けビル用マルチエアコン「寒さ知らず」(224型~560型)、および既設配管を利用できる「寒さ知らず リニューアル型」(224型~560型)を2014年6月1日から発売する。
今回発売される「寒さ知らず」は、低外気温時における高い暖房能力と、すばやい暖房立ち上がり性能を維持しつつ、「着霜量検出機能」を搭載した新除霜方式により、着霜の状態や量の検出精度が高められた。

これにより、除霜運転の間隔を最大で250分まで延長でき、暖房運転の快適性が向上している。また、冷凍サイクルの改良や冷凍サイクル制御の適正化により、年間の消費電力量の低減が図られている。
従来の4機種(224型・280型・450型・560型)に335型・400型・500型を追加し7機種とするとともに、既設配管の利用が可能な「寒さ知らず リニューアル型」を新たに追加している。

寒冷地向けビル用マルチエアコン「寒さ知らず」を発売

寒さ知らず



Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です