ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

三菱重工 世界最高水準のエネルギー消費効率を達成した大型ターボ冷凍機を開発


三菱重工業は、COP(エネルギー消費効率)が6.5と世界最高水準の効率を実現した大型ターボ冷凍機「GARTシリーズ」を開発、2月から発売する。設置面積を、現行のAARTシリーズと比べ、最大約30%削減しているのも特長となっている。

固定速機のGARTシリ-ズのほかにインバーター機の「GART-Iシリーズ」も同時に発売され、部分負荷時最高COPは25.3、IPLV(期間成績係数)は9.29と、やはり世界最高水準である。ターボ冷凍機の更新の目安となる15年前の機種に比べると、年間電力料金は約68%削減となり、ランニングコストの削減とCO2排出量削減がなされている。

三菱重工|COP6.5 世界最高水準のエネルギー消費効率を達成

大型ターボ冷凍機GARTシリーズ



Add a Comment