ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

大阪ガス・東京ガス 世界初の電池式家庭用ガス警報器を開発


大阪ガス株式会社と東京ガス株式会社は、世界初の電池で駆動する壁掛けタイプの家庭用ガス警報器を警報器メーカーと協力して開発した。

従来のガス警報器は、ガスを検知するガスセンサーを一定の温度に保つ必要があり、消費電力が大きく、AC100V電源が必要だった。そのため、壁掛けタイプのガス警報器は、近くにコンセントが必要など、設置場所の制約を受けやすいという課題がある。
この課題を解決するために、大阪ガスでは1999年から、東京ガスでは2006年から省電力ガスセンサーの研究開発に着手し、その結果、半導体製造プロセスなどに使用されるMEMS技術を用いて小型化することで、超省電力を実現した。さらに、信頼性向上のための改良を重ねた結果、ガス警報器では世界初となる電池駆動を可能にした。

コンセントの場所に影響されることなく壁掛け設置することができ、また、電源コードが不要になったこと、サイズを小型化したことで、美観性も向上。表面をフラットかつシンプルにすることで、デザイン性も向上している。

製品の有効期限は3年間。

大阪ガスは住宅用火災・ガス・CO警報器を2015年5月11日から、東京ガスはガス・CO警報器を10月中旬から、2015年度はそれぞれ1万台を限定発売し、2019年を目途に、本格発売する。

ガス・CO警報器

大阪ガス:世界初の電池式家庭用ガス警報器の開発について



Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です