ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

ガス三社 ハイブリッド空調システム「スマートマルチ」のラインナップを拡充


東京ガス株式会社、大阪ガス株式会社、東邦ガス株式会社のガス三社は、ガスヒートポンプと電気ヒートポンプを遠隔制御により最適に運転するハイブリッド空調システム「スマートマルチ」の新製品を、2017年4月から順次販売開始する。

「スマートマルチ」とは、ガス三社とパナソニック株式会社が共同で開発し、2016年4月に販売を開始した、新しいコンセプトのハイブリッド空調システムである。GHPとEHPを同一冷媒系統に統合して、空調負荷や外気温、あるいは電力・ガス料金の変化に応じて、機器効率やランニングコストが最適となる運転比率に遠隔制御することにより、省エネルギーと省コストを実現している。

今回、パナソニックに加え、アイシン精機株式会社、ダイキン工業株式会社、ヤンマーエネルギーシステム株式会社からも「スマートマルチ」の新製品が販売される。これにより、容量ラインナップが冷房能力84kW(30馬力)のみから冷房能力67.4~113kW(24~40馬力)に拡充されるとともに、ガス三社ならびにアイシン、ダイキン、パナソニック、ヤンマーの各社による製造・販売体制が整うことになる。

ハイブリッド空調システム

【関連記事】

  1. 大阪ガス:ハイブリッド空調システム「スマートマルチ」のラインナップを拡充
  2. ガスと電気を組み合わせたハイブリッド空調システム「スマートマルチ」を販売  | アイシン精機株式会社
  3. ハイブリッド空調システム『スマートマルチ』を新発売 | ダイキン工業株式会社
  4. ハイブリッド空調システム「スマートマルチ」(35・40馬力)を発売 | Panasonic Newsroom Japan
  5. ガスと電気を最適比率で制御するハイブリッド空調システム「スマートマルチ」を発売|ヤンマー

 



Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です