ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

パナソニック 温冷感センサー搭載の新型ルームエアコンを発売


パナソニック株式会社は、「温冷感センサー」で一人ひとりの「暑い」「寒い」の感覚を見分けて気流を制御することで、快適性が向上したルームエアコン「Xシリーズ / WXシリーズ」を10月下旬より順次発売する。

本製品は、人の居場所や活動量を見る「ひと・ものセンサー」と、日射しの量を見る「日射センサー」に加え、今回新たに「温冷感センサー」を搭載している。「温冷感センサー」は、人が発する放熱量の算出を行い、独自のアルゴリズムで人が「暑い」 と感じているのか「寒い」と感じているのかを判断する。これにより、例えば暖房時において、「暑い」と感じている人には「ひかえめ暖房」 、「寒い」と感じている人には「しっかり暖房」で、一人ひとりの快適性の向上を実現している。

温冷感センサー

ルームエアコン「Xシリーズ / WXシリーズ」を発売 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan



Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です