ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

塩化ビニルライニング鋼管・コーティング鋼管の接合(MD継手接合)(1)


1.管の準備
1)正確に管の寸法取りをする。
2)管は出来るだけ直角に切断し、管端内外の面取りを十分に行う。
3)管のパッキン当り面は変形、傷がないことを確認し、油や汚れ等は除去する。
4)管の端部には、適正な防錆塗料により十分な防錆処理を行う。

2.管の接続
1)フランジ、ロックパッキンの順序で管に挿入する。部品類は挿入の際、方向に注意する。
2)部品を挿入した管を継手受口部に差込む。なお、熱膨張による管の伸びに対応する為に、継手と管の間に3mm程度の隙間を設けるようにする。
3)ボルトは、原則として本体側から差込み、フランジ側をナットで締付ける。ボルトは、均一に締付けを行う。ボルトは強く締付けないよう注意する。
4)標準締付けトルクと締付け目安として、ボルト・ナット締付け完了時の、フランジと継手フランジ部の標準隙間を別表に示す。

塩化ビニルライニング鋼管・コーティング鋼管の接合

■JWW-CADファイル.zip(24.36 KB)



Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です