ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

油用通気管


1.法的基準
1)タンクには、次の各項に適合する無弁通気管を設ける。(危規第20条)
(1) 32A以上とする。
(2) 先端は、水平より45°以上曲げ、雨水の侵入を防ぐ構造とする。
(3) 細目の銅網(40メッシュ)等により、引火防止装置を通気口先端に設ける。
(4) 先端は、地上4m以上の高さとし、かつ、建物の窓、出入口等の開口部から1m以上離す。
(5) 通気管は、滞油する恐れのある屈曲をさせないようにする。
(6) 通気管の立上げ位置は塀の内側とし、先端は塀の内側(塀のない場合は敷地境界線)から1.5m以上の敷地内となるように設ける。

油用通気管

図1 通気管施工方法

2)屋内、屋外、地下タンクには無弁通気管を設ける。又、サービスタンクが貯油タンクより下部にある場合は、サイフォン防止用通気管又は、防油堤の容量を大きくすること。

■JWW-CADファイル.zip(20.53 KB)



Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です