ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

タグ: 配管工事

配管の防火区画貫通部施工要領

不燃材料の配管が、「建築基準法施工令第112条第15項」に規程する耐火構造等の防火区画を貫通する場合。不燃材料以外の配管が防火区画を貫通する場合は、建築基準法令に適合する工法、又は(財)日本建築センター防災性能評定委員会の評定済工法とする。
Read More

モルタル埋戻し用受材

(1) 従来のベニア板等の替りに、ワンタッチで貼り付けられ、直ぐにモルタルが流せる。 (2) 防水性シートの為、モルタルがすみずみまで凝固して、きれいに仕上がる。 (3) 重ね貼りすることで、連続穴にも使用出来る。 (4) コーナー部においても、シートをカッター等で切って使用出来る。
Read More

配管の屋上外壁貫通

1)実管:配管の通り芯及びレベルを確認して取付ける。 2)固定:配管は貫通部の前後にて固定する。 3)ラッキング:ラッキングは、折り返し部を下にする。 4)シーリング:配管との隙間に防水モルタル及びシーリング材を入念に充填する。
Read More

配管の外壁貫通

配管の通り芯に合わせてボイドを取付ける。配管との隙間に防水モルタル並びにコーキング材を入念に充填する。外部ラッキングとの間の防水処理を入念に行うこと。防火区画の壁を貫通するVP管は壁の前後1,000mmは、管サイズにより管材を鋼管等の不燃材料にて配管する。
Read More

防水床の配管貫通 ツバ付きスリーブ管の打ち込み

1) スリーブ管の取付:スリーブ管を配管の通り芯に合わせ配筋前に取付ける。
2) コーキング:スリーブ管との隙間が平均になるように配管し、モルタル、及びコーキング材を入念に充填する。
3) 防火区画の貫通:防火区画の床を貫通するVP管は、管サイズにより床の両側1,000mmを鋼管等の不燃材にて配管する。
Read More

一般壁の配管貫通

(1) 防火区画の壁を貫通するVP管は、管サイズにより壁前後1,000mmを鋼管等の不燃材料にて配管する。 (2) 貫通孔と配管との隙間はモルタル、ロックウール又は、耐火パテを充填する。 (3) 貫通部の断熱材は、不燃材(ロックウール等)とする。
Read More

一般床スラブの貫通配管

ス リ ー ブ 管は、配管の通る芯に合せて取付ける。見えがかり上シーリングプレートでカバーする場合もあるので、仕上がり寸法に注意する。防火区画の床を貫通するVP管は、床の両側1,000mmはサイズにより管材を鋼管等の不燃材料にて配管する。
Read More

防火区画貫通部措置の考え方

この施工計画書は防火区画を自動制御配管配線、空調配管、空調・換気・排煙ダクトが貫通する箇所に対する防火措置に適用する。防火区画貫通部措置の考え方の基本は、火災が発生した場合に、壁床等の防火区画を貫通する設備部材又はその周囲から火災の拡大、延焼を防止することにある。
Read More

モニタ管の取付

1箇所に2本以上のモニタ管を設けることが望ましい。モニタ管の両端はフランジとし、容易に取はずすこどが出来るものとする。モニタ管はスペアを必ず用意しておく。定期点検時にモニタ管を取はずして点検し、異常が発見された場合には、切開して腐食の定量的な確認をすると共に、延命の為の対策を検討する。
Read More