ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

省エネ住宅ポイント制度「エコ住宅設備」対象製品例


省エネ住宅の新築やエコリフォームの普及を図るとともに、需要を喚起することを目的とした、国土交通省「省エネ住宅ポイント制度」の申請受付が3月上旬より開始される。

今回はリフォームの対象住宅の性能条件等に「設備エコ改修」が追加され、エコ住宅設備3種類以上の設置でもポイント発行の対象となる。

例えば、トイレと浴室をリフォームした場合、TOTOの「節水型トイレ」、「高断熱浴槽」、「節湯水栓」を設置すると、計51,000ポイントが付与され、窓の断熱改修やバリアフリー改修などを合わせて実施すれば、さらにポイントが追加になる。(1戸あたり最大30万ポイントまで発行。)

「節水型トイレ」では洗浄水量3.8リットル(床排水)の新「ネオレスト」(2月発売)、「高断熱浴槽」では4時間での温度低下が2.5℃以内の「魔法びん浴槽」を搭載したシステムバス、「節湯水栓」では浴び心地と節水を両立させた「エアインシャワー」他、水まわりの多数の商品が対象製品として登録される予定。

省エネ住宅ポイント制度

エコ住宅設備3種類以上設置でポイント発行の対象に

国土交通省ホームページ(住宅・建築)

TOTOホームページ「省エネ住宅ポイントについて」



Tags:

Add a Comment