ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

カテゴリー: 衛生設備工事

ストレーナの取付

1)取付け:原則として横引き管に取付け、ストレーナかご部は真下にあるようにする。止むを得ない場合でも45°以内とする。 2)清掃・点検:ストレーナの設置に際しては、周囲の機器・配管・ダクト等との取合いに注意し清掃及び点検に必要なスペース(表1H寸法)を確保する。又、配管系の試運転後に必ずストレーナの清掃を行い、更に引渡し直前にも清掃する。
Read More

貯湯式温水器の設置

1)給排気:温水器には基準に適合した給排気口等を設ける。 2)固定:湯沸器は堅固に固定する。その仕様は原則として表1による。ただし、脚部耐震が確保されない場合は、上部の固定金具併用とする。:設置に際しては、上部の固定金具との本体接合部及び脚部の強度を、メーカーに確認する。
Read More

小形貯湯式ガス湯沸器の設置

1)給排 気:温水器には基準※1 に適合した給排気口等設ける。 2)固定:湯沸器は堅固に固定する。原則として表1による。 3)排気筒:排気筒(排気温度260℃以下)の場合は20mm以上のロックウールを巻き可燃物に接触させない。(安全を見込み50mm以上離す)
Read More

バランス形湯沸器の外壁廻りの収まり

1)取付枠 :状況(地域差等)により木製枠を使用することが出来る。その場合、木枠面をモルタル仕上面とツライチにおさめる。形鋼・PC・木製枠についてメーカーが凡用品を保有している場合がある。 2)給気開ロ:バランストップの給気開ロ部は壁面より外部に位置させる。
Read More

瞬間湯沸器の設置

1)給排気:湯沸器には基準※1に適合した給排気口等を設ける。 2)浴室内の設置:浴室内には密閉型以外の湯沸器を設置してはならない。 3)コンロ・レンジ:湯沸器はコンロ・レンジ等の開放型燃焼器具の上部に設けてはならない。
Read More

エアセパレータの寸法と取付

1)取付位置:エアセパレータの効果的な取付位置は以下の如くである。 (1) 運転時のエアセパレータ内圧力が29.4~49Paの位置 (2) 径路の頂部 (3) 保守点検可能な場所 2)エア抜弁の位置:エア抜管は膨張タンクに接続するのが最適である。
Read More

レベルスイッチの取付

適用範囲:汚水槽・ちゅう房用排水槽のように、汚物や油が付着して電極棒が機能しなくなる恐れのある場合。1)使用液:高粘土の液中では、誤動作を起こすことがある。使用液の比重は0.95~1.10の範囲とする。
Read More