TDCダクト補強(ハゼ・接合・補強)

1.TDCダクト補強
1)ダクトの補強は、アングルによる縦補強、亜鉛鉄板(1.2~1.6まで)L曲げ材による補強、又はタイロッド補強のいずれかを使用する。

表1 補強の仕様(例)
板厚(mm):0.6
アングル組み補強・山形鋼サイズ(mm):25×25×3・最大間隔(mm):1,740
亜鉛鉄板L曲げ補強・L曲げサイズ:1.2t・最大間隔(mm):1,740
タイロッド補強・補強の位置・間隔:一般ダクトに準ずる
注:補強はスポット溶接、リベット、ポップリベットのいずれかを使用する。

2)アングル補強:一般ダクトに準ずる
3)亜鉛鉄板L曲げ補強:   〃

■JWW-CADファイル.zip(3.73 KB)

■ダウンロードマネージャーへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください