空調設備工事の施工要領書

ステンレスダクトの接合

1.長方形ダクトの接続は共板工法、メッツ工法並にフランジ接続とし、フランジ接続の場合のフランジ寸法等は表1とする。  表1 フランジ寸法等 (単位:mm)  注:形鋼はステンレス鋼とする。  2.スパイラルダクトは、差し込み継手又はフランジ接続を行う。  3.差し込み継手の板厚は表2とし、差し込み長さは60mm以上で、ビスピッチは300mm以内で最低2本とする。

続きを読む ステンレスダクトの接合
ステンレスダクト製作仕様(ステンレス製スパイラルダクト)

1.ダクト製作仕様(ステンレス製スパイラルダクト)  表1 ダクト製作仕様 (単位:mm)  原板の標準厚さ0.5:呼称寸法(Dφ)≦600・原板の標準厚さ0.6:呼称寸法(Dφ)600<,≦800・最原板の標準厚さ0.8:呼称寸法(Dφ)800<,≦1,000  直管・内径の公差(内径基準)・+1~-0・はぜのピッチφ100<,≦φ1,000・ピッチ300以下最低2本とする・はぜの折り幅60mm以上

続きを読む ステンレスダクト製作仕様(ステンレス製スパイラルダクト)
ステンレスダクト製作仕様(矩形ステンレスダクト)

1.ダクト製作仕様(矩形ステンレスダクト)  表1 ダクト製作仕様 (単位:mm)  ■低速ダクト(≦15m/s)  ダクトの板厚0.5・長辺≦750・フランジ(等辺山形綱)25×25×3t・最大間隔4,000・リベット径(ピッチ)4.5φ(65以下)・ボルト(径8.0φ、ピッチ100以下)  ダクトの板厚0.6・長辺751<,≦1,500・フランジ(等辺山形綱)30×30×3t・最大間隔4,000・リベット径(ピッチ)4.5φ(65以下)・ボルト(径8.0φ、ピッチ100以下)

続きを読む ステンレスダクト製作仕様(矩形ステンレスダクト)
鋼板製煙道の伸縮部及び壁貫通部施工要領(国土交通省)

1.煙道伸縮部  図1 伸縮継手部  煙道・伸縮継手・固定金物・白管・パッキン組ひも・16φボルト  2.壁貫通部  図2 固定部  1)矩形煙道の場合  煙道・スリーブ・ロックウール・白管・パッキン組ひも・モルタル  2)円形煙道の場合

続きを読む 鋼板製煙道の伸縮部及び壁貫通部施工要領(国土交通省)
ダクト設備 鉄板ダクトの漏れの原因と対策

鉄板ダクトの漏れの原因と対策  1.フランジ関係  1-1 フランジ割れ  1.吊込時、フランジ間隙が大きいのを無理してボルト締めした為。  2.搬入吊込時の移動の無理から、衝撃により破損する。  【対策処理】 1.吊込時、フランジ間隙注意。  2.フランジ溶接は確実に。  3.搬入移動時の取扱いには十分な注意をする。  1-2 フランジ溶接不良  イモ溶接のピンホールがある。  【対策処理】溶接は、ピンホールがないように注意。

続きを読む ダクト設備 鉄板ダクトの漏れの原因と対策
長方形ダクトのエルボの成形ガイドベーン並びに取付

1.既製成形ガイドベーンの取付  1)既製形成ベーンの寸法  ① ガイドベーンは、S型・L型の2種類  ② S型はダクト巾750m/m以下に使用  ③ L型はダクト巾850m/m以下に使用  図1 ベーン断面寸法図  図2 側板(ベーンレール)  2)形成ベーンの組立て  ガイドベーンレールにガイドベーンを差込み、取付する。

続きを読む 長方形ダクトのエルボの成形ガイドベーン並びに取付