空調設備工事の施工要領書

グラスウールダクト(1)

1.矩形ダクトの施工基準  板厚:25mm  接続間隔:3,000mm以下  接続方法:スリップジョイント、又は突合わせジョイント※  接続仕上:グラスウールダクト専用アルミ泊テープ  補強基準:サプライダクト・全圧(Pa)・長辺の長さ(m/m)における性能曲線上に表記  補強基準:リターンダクト・静圧(Pa)・長辺の長さ(m/m)における性能曲線上に表記  吊り間隔:長辺900mm未満・最大2,400mm

続きを読む グラスウールダクト(1)
グラスウールダクト製作仕様

1.マイクロダクトシステムの資料  1)ダクト材料 表1 ダクト材料  外装材料:ガラス繊維補強貼り合わせアルミニウム箔 (JIS-H-4160)  材質:ガラス繊維 (繊維径、熱伝導率はJIS-A-9505)  重量:1.7kg/㎡  厚さ:25mm  弾性係数:450kg/㎡  長期負荷に対する許容応力:0.96kg/㎠  熱伝導率:0.035w/m・K(at20℃)  最大風速:13m/s (角ダクト)、15m/s (丸ダクト)  ダクト内安圧:490Pa以下 (角ダクト)、588Pa以下 (丸ダクト)

続きを読む グラスウールダクト製作仕様
ステンレスダクトの補強(2)

1.長辺が1,500mm以上のダクトには、リブ形補強は施さず、形鋼による縦方向の補強又はロッド補強を行う。  表1 縦方向の補強用形鋼寸法(mm)  ※形鋼ステンレス鋼とする。  図1 形鋼による補強  図2 ダクトロッドによる補強

続きを読む ステンレスダクトの補強(2)
ステンレスダクトの補強(1)

1.長方形ダクトの横方向の補強は表1とする。  表1 横方向の補強用形鋼寸法  2.長辺500mmから 1,450mmまでのダクトには、リブ形の補強をダクトの横方向に入れ、その間隔は長手方向300を原則とし、最大450とする。ただし、保温を施すダクト及びちゅう房、浴室の排気ダクトは除く。  図1 長方形ダクトのリブ形補強

続きを読む ステンレスダクトの補強(1)
ステンレスダクトの継ぎ目

1)長方形ダクトの継ぎ目は下記の通りとする。 (1) 継ぎ目は2箇所以上とする。 (2) 板厚0.8mmまではボタンパンチ、0.8mmを超えた場合はスポット溶接又はアーク溶接(TIG・MIG)とする。 (3) 溶接の場合は、必ずスパッター、スケール等を除去する。

続きを読む ステンレスダクトの継ぎ目
ステンレスダクトの接合

1.長方形ダクトの接続は共板工法、メッツ工法並にフランジ接続とし、フランジ接続の場合のフランジ寸法等は表1とする。  表1 フランジ寸法等 (単位:mm)  注:形鋼はステンレス鋼とする。  2.スパイラルダクトは、差し込み継手又はフランジ接続を行う。  3.差し込み継手の板厚は表2とし、差し込み長さは60mm以上で、ビスピッチは300mm以内で最低2本とする。

続きを読む ステンレスダクトの接合