ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

カテゴリー: CADデータ

保温工事・一般事項(1)

配管類、機器類の保温は、所定の仕様により保温、断熱を行うものとし、施工の一般事項を下記に示す。 1)保温の厚さは、保温主材の厚さとし、外装及び補助材の厚さは含まないものとする。 2)保温材の相互の間隙は出来る限り少なくし、重ね部の継目は同一線上を避けて取付ける。
Read More

耐火性能が必要となる阻集器・和風大便器の防火区画貫通部処理

1.グリース阻集器(図1 グリース阻集器) 耐火被覆(例 0.5mm以上の鉄板で25mm以上のロックウール保温板を包んだもの) 2.耐火被覆を取付ける場合(図2 和風大便器) 耐火カバー(例 1.5mm以上の鉄板又は0.5mm以上の鉄板で、25mm以上のロックウール保温板を包んだもの)
Read More

機器の耐震設置

1)固定:チャンネル台はアンカボルトによってコンクリート基礎に固定する。 2)防振:防振架台は水平に設置し、かつ防振材は荷重に対して均等に配置する。 3)電線管:電線管の可とう部は振動による障害を除去出来るように十分な長さとたわみをとる。
Read More

通気管の屋上床スラブ貫通

1)寒冷地及び積雪地域を除く地域に設ける場合。 2)シート防水貫通は原則そして避けるが、止むを得ず1箇所又は2箇所程度の貫通をする場合。ただし、屋根がALCパネルの場合は防水貫通を行ってはならない。
Read More

樹脂可とう製継手による埋設配管の地盤沈下対策

可とう性樹脂継手(カナパイプ)の場合、地盤沈下による許容垂直沈下量SはS≦0.2Lとする。 1)表面処理:配管及びジョイント部の油・土等のよごれをウエス等で十分に拭きとる。湿っている場合は完全に乾燥させる。 2)接合剤:エポキシ系の2液形を使用する。塩ビ継手内面に砂付加工を施す。
Read More

建物周辺埋設配管の地盤沈下対策(4)

1)桝の固定:桝は躯体に確実に固定する。 2)配管の支持:配管の建物からの取出し部には、必ず支持を設ける。支持はコンクリート床が最適であるが、部分支持とする場合は、コンクリート架台が防食等の理由で望ましい。ブラケット支持する場合、躯体打込みアンカボルトは、躯体鉄筋と電気的に絶縁する。ブラケット・アンカボルト・固定バンドの材質は、ステンレス製とすることが望ましい。
Read More