ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

カテゴリー: CADデータ

バランス形湯沸器の外壁廻りの収まり

1)取付枠 :状況(地域差等)により木製枠を使用することが出来る。その場合、木枠面をモルタル仕上面とツライチにおさめる。形鋼・PC・木製枠についてメーカーが凡用品を保有している場合がある。 2)給気開ロ:バランストップの給気開ロ部は壁面より外部に位置させる。
Read More

瞬間湯沸器の設置

1)給排気:湯沸器には基準※1に適合した給排気口等を設ける。 2)浴室内の設置:浴室内には密閉型以外の湯沸器を設置してはならない。 3)コンロ・レンジ:湯沸器はコンロ・レンジ等の開放型燃焼器具の上部に設けてはならない。
Read More

エアセパレータの寸法と取付

1)取付位置:エアセパレータの効果的な取付位置は以下の如くである。 (1) 運転時のエアセパレータ内圧力が29.4~49Paの位置 (2) 径路の頂部 (3) 保守点検可能な場所 2)エア抜弁の位置:エア抜管は膨張タンクに接続するのが最適である。
Read More

レベルスイッチの取付

適用範囲:汚水槽・ちゅう房用排水槽のように、汚物や油が付着して電極棒が機能しなくなる恐れのある場合。1)使用液:高粘土の液中では、誤動作を起こすことがある。使用液の比重は0.95~1.10の範囲とする。
Read More

受水タンクの水位制御

1)電磁弁:電磁弁はノーマルクローズとし、通電時に開となるものを使用する。水道局の形式承認が必要な場合が多いので注意する。 2)満水対策:満水対策としては警報を出してポンプを強制運転する。電磁弁を使用する場合はメンテナンスが十分でないと水あか等の付着により作動しないことがあるので注意する。
Read More

揚水系電極棒の長さ

1.適用範囲:一般揚水系統での電極棒による液面制御 1)水量の確認:上記条件として設計による有効水量を確認すること。タンクの大きさ(たて×よこ)×H≧設計有効水量(m3) 2)波よけ:電極部はタンク内の波の影響を受けるので、吐出口より離すか、波よけを設ける。
Read More

量水器の取付

1.適用範囲:量水器(湿式副管付接線流羽根車式50φ~150φ)を地中に設置する場合。ただし、寒冷地の場合を除く。 1)量水器桝:原則として口径40mm以下は鋳鉄製のものを、口径50mm以上はコンクリート製のものを使用する。 2)転圧:メータボックス下部の転圧は十分に行う。
Read More

量水器のふた寸法

1)量水器桝用ふたは鋳鉄製とし、ふた表面に「量水器」の文字を鋳出す。落し込みハンドルは、亜鉛めっき仕上げとする。なお、MB-1は、1枚もので蝶番式とする。 2)桝の深さ(H)は、配管の埋設深さに応じて定め、必要に応じ鉄筋を入れる。
Read More