ダクト設備・キャンバス継手の取付

1.キャンバス継手
送風機等振動する機器との接続には、たわみ継手を用いる。
1)キャンバス継手の長さ・図1:キャンバスの姿図
長さLmm=フランジ面間、最小150mm以上とする。
2)キャンバス継手の取付
図2:キャンバスが一重の場合、図3:キャンバスが二重の場合
3)たわみ継手の材料
(1) ターボリン(基材ナイロン)、厚0.5 mm以上、耐熱温度 80℃以下
(2) ガラスクロス ガラスクロス布に樹脂加工、厚0.45mm以上、耐熱温度300℃以下
(3) ガラスクロス ガラスクロス布に樹脂加工(両面加工屋外用)、厚0.45mm以上、耐熱温度300℃以下
(4) アルミ付ガラスクロス、厚0.65mm以上二重、耐熱温度300℃以下
(5) 片面アルミ付ガラスクロス(排煙風道用)大臣認定のもの、厚 2mm以上、耐熱温度290℃以下
注:関係法規並に契約時の仕様に適合するものとする。

2.施工要領並びに注意事項
1)キャンバス継手:腐食性ガスを吸う場合はその都度材料の選定を行う。たわみ継手を取付けた時の「たわみ」は10~30mmを標準とするが、送風機吸込み側(特にNo.2 1/2 以下)の「たわみ」はピアノ線等で補強して出来るだけ少なくする。
2)排煙ダクトの接続:排煙機との接続は原則として鉄板継ぎとする。
3.製作要領・図4:製作要領書、ねじりや張りすぎの状態が生じないこと。(不要なたるみも不可)

■JWW-CADファイル.zip(14.28 KB)

■ダウンロードマネージャーへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください