ダクトの貫通処理(2)

1.床:デッキプレート床の貫通 ・図1:断熱あり(ダクト・デッキプレートを切断する・1.6mm短管(防火区画の場合)・FD・ロックウール・支持金物) 注:実管打込みの場合は、短管を内フランジとし内部内張り断熱する ・図2:断熱なし(ダクト・デッキプレートを切断する・1.6mm短管(防火区画の場合)・FD・ロックウール・モルタル・支持金物) 注:実管打込みの場合は、短管を内フランジとする

続きを読むダクトの貫通処理(2)

リンナイ ハイブリッド給湯器ECO ONE X5集合住宅専用モデル

リンナイ株式会社は、ハイブリッド給湯・暖房システム「ECO ONE(エコワン)」のラインアップに「ECO ONE X5(エコワン エックスファイブ)」集合住宅専用モデルを追加し、9月1日から発売します。(ECO ONEは、電気ヒートポンプとガス熱源機を組み合わせ、優れた省エネ性能を発揮する家庭用給湯・暖房システムです。)

続きを読むリンナイ ハイブリッド給湯器ECO ONE X5集合住宅専用モデル

ダクトの貫通処理(1)

1.壁:一般コンクリート、ブロック壁貫通 ・図1:防火区画貫通(防火区画・1.6mm・FD・ロックウール・モルタル充填) ・図2:防火区画以外の貫通(一般間仕切り・接合フランジを壁内にもってこない・グラスウール・モルタル) ・注:管打込みの場合は短管を内フランジとし、内部内貼り断熱する。 2.軽量間仕切り壁貫通(ダクト断熱あり) ・図3:防火区画貫通(中空・1.6mm・FD・ロックウール板・鉢巻き)

続きを読むダクトの貫通処理(1)

ダクト・X線保護方法

1.ダクト:ダクトサイズ450W以上は鉛巻きを壁より500mm厚さ1.5t両端で1,000mmとする。 ・図1:コンクリート壁貫通(鉛板1.5t・断熱材) ・図2:軽量間仕切り壁(鉛ボード)貫通(鉛板1.5t・断熱材) ・表1:b寸法(ダクトサイズW・b寸法mm) W125/b=250mm、W150/b=250mm、W200/b=280mm、W250/b=320mm、W300/b=360mm、W350/b=400mm、W400/b=450mm、W400以上/b=500mm

続きを読むダクト・X線保護方法

冷蔵庫・冷凍庫内の天井吊りユニットクーラー

1)インサート廻り:防湿層はインサート廻りで切れる為、アスファルト系パテ(アイガスパテ)で補修する。 2)ユニットクーラーの吊り:ユニットクーラーを吊る場合は、ユニットクーラーの振動により防湿層が切れることを防ぐ為、吊りボルトを図1のように短かくし、チャンネルを使用しユニットクーラーを吊る。 :ユニットクーラーの質量が500kgを超える場合及び高さが3mを超える場合は架台を床に設置し、その上にユニットクーラーを取付けることが望ましい。

続きを読む冷蔵庫・冷凍庫内の天井吊りユニットクーラー

天井吊り送風機の耐震設置(2)

1)アンカ-:鋼製インサート、先付けアンカーボルト又は通しボルトによる。 2)電線管:可とう部は機械部の振動による障害を生じないよう適当な長さとたわみをとる。又、可とう管以後の電線管は振れないように近傍で固定する。 3)架台:ファンの振動が直接部材に加わる部分は平ワッシャ・スプリングワッシャを併用し締め付ける。更にロックペイントを塗布する。ファンの飛びはね防止にナットを使用する場合はダブルナット締めとする。

続きを読む天井吊り送風機の耐震設置(2)

天井吊り送風機の耐震設置(1)

1.適用範囲:天井吊り送風機のゴム防振による設置の場合。 2.仕様及び施工法 ・図1:#11/2以下の場合 ・図2:#13/4~#2以上の場合(筋交) ・図3:#21/2以上の場合(山形鋼架台) *各部詳細図は、事項「天井吊り送風機の耐震設置(2)」に記載 ■JWW_CADファイル.zip(13.56 KB)

続きを読む天井吊り送風機の耐震設置(1)

床置き送風機の耐震設置

1)固定:チャンネル台はアンカボルトによってコンクリート基礎に固定する。 2)防振:防振架台は水平に設置し、かつ防振材は荷重に対して均等に配置する。 3)電線管:電線管の可とう部は振動による障害を除去出来るように十分な長さとたわみをとる。 4)キャンバス継手:キャンバス継手以後のダクト・ダンパ等の荷重がキャンバス継手にかからないように、ダクト等を吊り固定する。又、キャンバス継手自体にも適当なゆるみをもたす。

続きを読む床置き送風機の耐震設置