外部給排気ガラリのダクト接続・施工要領

(1) 給排気ガラリ等の取付場所を検討する。 (2) 通過風速を確認する。(排気風速:4m/s 給気風速:3m/s) (3) 補修の困難な個所の対策を検討する。 (4) 雨水、風、積雪の対策を検討する。 (5) 防鳥、防虫対策を検討する。(防鳥、防虫対策のバートスクリーンはSUS製で10~20mm程度とする) (6) 外壁はタイル等の目地と関連づけた位置を選定する。 (7) 水の侵入防止を行う。

続きを読む 外部給排気ガラリのダクト接続・施工要領
外部給排気ガラリの取付

1.ガラリ取付 ・建築と別途打合せをする。 ダクト取出し短管:ガラリが建築工事に含まれる場合には建築業者に依頼する。 図1:外壁ガラリ取付要領図 ・ダクト接続部には、ネオプレンゴムパッキンを使用する。雨水侵入防止を考慮し、ダクトには勾配をつける。 ■JWW-CADファイル.zip(16.37 KB)

続きを読む 外部給排気ガラリの取付
外部セルフード・ベントキャップの取付

1.セルフード・ベンドキャップの取付 1)セルフード取付例・図1:セルフード取付図 ・注意事項 1:ダクトは、雨水侵入防止の為に下り勾配をつける。 2:外気取入れ用として使用する場合には、通気風速を3.0m/S以下にする。 ■JWW-CADファイル.zip(14.39 KB)

続きを読む 外部セルフード・ベントキャップの取付
ダクト設備・風量測定口の取付

1.長方形ダクトの風量測定口、 1)曲管直後に風量測定口を設ける場合、 表1:風量測定口の取付個数(参考)、 2)測定口の詳細、 (1) 既製品の例、(a)保温なしの場合、(b)保温有りの場合、 2.施工要領並びに注意事項、 1)測定口:管材利用として、上記の他にソケット(20A)・プラグ、塩ビ管・ゴムキャップ等を使用したものもある。

続きを読む ダクト設備・風量測定口の取付
ダクト設備・キャンバス継手の取付

1)キャンバス継手:腐食性ガスを吸う場合はその都度材料の選定を行う。たわみ継手を取付けた時の「たわみ」は10~30mmを標準とするが、送風機吸込み側(特にNo.2 1/2 以下)の「たわみ」はピアノ線等で補強して出来るだけ少なくする。 2)排煙ダクトの接続:排煙機との接続は原則として鉄板継ぎとする。 3.製作要領・図4:製作要領書、ねじりや張りすぎの状態が生じないこと。(不要なたるみも不可)

続きを読む ダクト設備・キャンバス継手の取付
ダイキン 業務用パッケージエアコン「VRV」「スカイエア」を新発売

ダイキン工業株式会社は、エネルギー資源の価格高騰に伴う電気代の高騰や、カーボンニュートラル実現に向けたZEBの普及、コロナ禍による空気質への意識の高まりに対応する業務用パッケージエアコンとして、ビル用マルチエアコン「VRV」、店舗・オフィスエアコン「スカイエア」の新機種を2022年10月から順次発売します。

続きを読む ダイキン 業務用パッケージエアコン「VRV」「スカイエア」を新発売