ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

Latest

保温方法(2) 屋外露出・給湯・給水・井水

施工場所・配管種類別に保温材料及び施工順序・施工例(図)を一覧表にまとめている。 配管種類:給湯管・給水管・井水管  施工場所:屋外露出  材料及び施工順序:1.グラスウール保温筒・2.亜鉛鉄線・3.ポリフィルム・4.鉄線・5.金属外装 ステンレス ラッキング
Read More

保温方法(1) 給湯・給水・井水・排水管

施工場所・配管種類別に保温材料及び施工順序・施工例(図)を一覧表にまとめている。 例) 配管種類:給湯管・給水管・井水管・排水管  施工場所:室内露出  材料及び施工順序:1.保温筒材・2.鉄線・3.成形原紙・4.綿布(重ね代15mm)
Read More

保温仕様(2)

管種・施工箇所別に材料及び施工順序を一覧表にまとめている。  例) 管種:給湯管・膨張管  施工箇所:機械室・倉庫・共同溝  材料:1.ALGK保温筒  施工順序:1.GW保温筒・2.鉄線・3.原紙・4.アルミガラスクロス
Read More

保温仕様(1)

表1 保温仕様  管種・施工箇所別に材料及び施工順序を一覧表にまとめている。 例) 管種:給水管  施工箇所:屋内隠蔽(一般居室・廊下)  材料:1.ALGK保温筒・2.綿布又はガラスクロス  施工順序:1.GW保温筒・2.鉄線・3.原紙・4.綿布
Read More

保温材の厚さ

1.配管の保温材の厚さ  表1 保温材の厚さ  管径(A):15~300以上  管種:給湯管・膨張管・冷水管・給水管・排水管  2.機器の保温材の厚さ  表2 保温材の厚さ  機器別:熱交換器50mm・貯湯タンク50mm
Read More

保温工事注意事項(2)

1)給水及び給湯用の露出配管で、呼び径65以上の弁、ストレーナ等は、ビス等により容易に着脱出来る金属製カバー(屋外はステンレス鋼板、屋内はアルミニウム板)による外装を施す。
Read More

保温工事注意事項(1)

1)機器(タンク)で屋外に設置する場合は、アルミニウム板をステンレス鋼板としても良い。 2)給排水管で耐火構造等の防火区画を貫通する部分は、保温を行わずモルタル又はロックウール保温材で埋める。
Read More

保温工事・一般事項(2)

1)屋内露出の配管の床貫通部は、その保温材保護の為、床面より高さ150mm程度までステンレス鋼板で被覆する。配管が壁、床等を貫通する場合には、その面から25mm以内は保温を行わない。
Read More