空調設備工事の施工要領書

送風機吸込側ダクトの接続(2)

1.施工要領並びに注意事項| 1)吸込側の接続法| 図1 送風機吸込側ダクト(一般的な場合) 角丸変形管| 図2 送風機吸込側ダクト(止むを得ぬ場合)| (注)送風機吸込口面積の2倍以上のダクト断面積をとる。| 図3 送風機とダクトの接続(吸込側)| 吸込口直前の拡大、縮小30°以下、両吸込送風機の吸込チャンバーの納り図| 図4 気流と抵抗

続きを読む 送風機吸込側ダクトの接続(2)
送風機吸込側ダクトの接続(1)

1.送風機吸込ダクトの接続・図1 吸込側ダクト施工要領・ 送風機:吸込みダクトの寸法は、A≧1.25D、W≧1.5Dとする。D=羽根車径=152mm×(番手)・ (良)直線曲がり部のときは、ベーンを設ける。 (不良)局部抵抗が大となるダクトの接続。直線曲がり部が吸込みロの近くにあるとき。急激な変形など ・図2 送風機をチャンバー内に設置の場合: プーリ交換スペースを確保する。

続きを読む 送風機吸込側ダクトの接続(1)
共通ダクト及びガラリボックスとのダクトの接続方法

1.排風機の圧力干渉・ 図1 排風機の圧力干渉・ 誤)ガラリの抵抗が大きいと互に圧力干渉が起り、風量が変わってしまう。・ 正)中間仕切を風量比で入れる。  2.共通排気ダクトの接続・ 図2 共通排気ダクトの接続・ F.D、逆流防止ダンパー(CD)を取付、各ダクトの間隔を500~1,000mmとる。

続きを読む 共通ダクト及びガラリボックスとのダクトの接続方法
塩ビ製角ダクトの製作(2)

1)材質:押出し板とプレス板(積層板)があるが、外観の良さ、厚肉を必要とする場合はプレス板を使用する。:JIS K 6745による硬質塩化ビニル板1種1号とし、JISマーク表示品とする。 2)継目及びアングルの溶接:溶接はすべて熱風溶接とする。:ダクトの継目の溶接は2mm~5mmφシングル溶接棒を原則使用するのがであるが、3mm~5mmφのトリップ形を使用しても良い。又、溶接部の仕上は強度低下があるので行わない。

続きを読む 塩ビ製角ダクトの製作(2)
塩ビ製角ダクトの製作(1)

1.適用範囲:浴室や薬品の排気など、鉄板製ダクトでは腐食すると思われる場合。 :法的使用制限を受けない場合。 2.仕様及び施工法 1)溶接 図1 溶接 V形開先の形状 2)補強 図2 補強 ダクトの補強方法 断面方向の補強・気流方向の補強  フランジ接続・軟質塩化ビニル製パッキン

続きを読む 塩ビ製角ダクトの製作(1)
煙道と煙突の接続

1)固定点:煙突と煙道の接続部に曲げ応力が加わらないよう、煙道を固定する。 2)他の処理方法:煙道の中間に伸縮継手が取付けられ、伸縮処理がなされている場合は当箇所は固定し、この方法は使用しなくても良い。 3)断熱材の固定:断熱材が剥離しないように溶接釘、ボルトまたは外部よりのバンドなどで同材の支持を堅固に行う。

続きを読む 煙道と煙突の接続