ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

消火ポンプ廻りの配管


1.適用範囲:屋内消火栓ポンプ
2.仕様及び施工法(図1 消火ポンプ廻り配管)
3.注意事項
1)構成:本装置は、消防法施行規則にそって構成する。ただし、細部については所轄消防署の指導による変更がありうる。
2)ポンプの設置:ポンプの設置は耐震上、基礎に直接固定する。
3)呼水槽:減水警報は、規定水量の1/2減水で作動するよう調整する。規定水量については所轄消防署と打合わせる。
4)逃し配管:消火ポンプの、締切り運転時の水温上昇防止の為設ける。配管の途中にオリフィス又は逃し弁等を設け、締切り運転時に常時定格吐出量の2~3%を逃す。
5)流量計の設置:流量計は、流量試験用配管の直管部に設置する。直管部の最低寸法は図示のようにバルブから10D、曲部から4D以上とする。(Dは配管口径寸法)
6)その他:メーカーでユニット化された製品は、構成が本図と異なることがある。呼水槽の給水管より逆流をおこさないよう、給水タッピング・ポールタップの構造等考慮する。
4.関連資料:消防規第12条

消火ポンプ廻りの配管

■JWW-CADファイル.zip(11.85 KB)



Add a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください