ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

パナソニック トイレの意識変化、小便時に着座する男性が増加


パナソニック株式会社は、新型コロナウイルス感染拡大後の在宅時間増加に伴う自宅トイレにおける意識の変化についてアンケート調査を行いました。
その結果、自宅トレイについて「自身や家族の在宅時間の増加により、自宅トイレの利用頻度が増えた」と回答した方が約58%となりました。そうしたことから「自宅で掃除が億劫になったり、負担が大きくなった場所」としてトイレが最も多く挙げられており、約40%の人が自宅のトイレの掃除回数が増えたと回答しています。

男性のみに尋ねた自宅での小便のスタイルについての質問では、「着座してするようになった」が約11%、「以前から着座していて変化はない」が約58%となっており、合わせて7割近くの男性が着座して利用しています。

トイレ掃除

在宅時間増加に伴うトイレの意識変化を調査 トイレ掃除の負担増加、小便時に着座する男性が増加 | トピックス | Panasonic Newsroom Japan : パナソニック ニュースルーム ジャパン



Add a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください