配管貫通部のX線保護方法
  • 投稿カテゴリー:共通工事

配管の貫通部には、鉛板2.0tを貫通径×2L以上巻き付ける。壁面への折り返しは50mm以上とする。(図1 軽量間仕切り壁(鉛ボード)貫通)・( 図2 コンクリート壁貫通)

続きを読む 配管貫通部のX線保護方法
配管の防火区画貫通部施工要領
  • 投稿カテゴリー:共通工事

不燃材料の配管が、「建築基準法施工令第112条第15項」に規程する耐火構造等の防火区画を貫通する場合。不燃材料以外の配管が防火区画を貫通する場合は、建築基準法令に適合する工法、又は(財)日本建築センター防災性能評定委員会の評定済工法とする。

続きを読む 配管の防火区画貫通部施工要領
モルタル埋戻し用受材
  • 投稿カテゴリー:共通工事

(1) 従来のベニア板等の替りに、ワンタッチで貼り付けられ、直ぐにモルタルが流せる。 (2) 防水性シートの為、モルタルがすみずみまで凝固して、きれいに仕上がる。 (3) 重ね貼りすることで、連続穴にも使用出来る。 (4) コーナー部においても、シートをカッター等で切って使用出来る。

続きを読む モルタル埋戻し用受材
配管の屋上外壁貫通
  • 投稿カテゴリー:共通工事

1)実管:配管の通り芯及びレベルを確認して取付ける。 2)固定:配管は貫通部の前後にて固定する。 3)ラッキング:ラッキングは、折り返し部を下にする。 4)シーリング:配管との隙間に防水モルタル及びシーリング材を入念に充填する。

続きを読む 配管の屋上外壁貫通
配管の外壁貫通
  • 投稿カテゴリー:共通工事

配管の通り芯に合わせてボイドを取付ける。配管との隙間に防水モルタル並びにコーキング材を入念に充填する。外部ラッキングとの間の防水処理を入念に行うこと。防火区画の壁を貫通するVP管は壁の前後1,000mmは、管サイズにより管材を鋼管等の不燃材料にて配管する。

続きを読む 配管の外壁貫通
防水床の配管貫通 ツバ付きスリーブ管の打ち込み
  • 投稿カテゴリー:共通工事

1) スリーブ管の取付:スリーブ管を配管の通り芯に合わせ配筋前に取付ける。
2) コーキング:スリーブ管との隙間が平均になるように配管し、モルタル、及びコーキング材を入念に充填する。
3) 防火区画の貫通:防火区画の床を貫通するVP管は、管サイズにより床の両側1,000mmを鋼管等の不燃材にて配管する。

続きを読む 防水床の配管貫通 ツバ付きスリーブ管の打ち込み