積水化学 塩化ビニル管、強化プラスチック複合管の価格改定

積水化学工業株式会社が、製造・販売する塩化ビニル管、強化プラスチック複合管および関連製品について、原料費や物流費の高騰により自助努力による価格維持が限界に達し、販売価格を改定するとしました。

対象製品と値上げ幅は、塩化ビニル管全般30%以上、塩ビ継手、塩ビマス、および関連製品20%以上、強化プラスチック複合管(4mを超える長尺品)10%以上となる。2022年1月21日(金) 出荷分より実施される。

塩化ビニル管、強化プラスチック複合管および関連製品の価格改定について | 積水化学工業-エスロンタイムズ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください