日立 exiida(エクシーダ)空気質管理サポートを提供開始

日立グローバルライフソリューションズ株式会社は、室内の空気質を「見える化」し、CO2濃度に応じて換気・空調設備を連動制御する「exiida(エクシーダ)空気質管理サポート」を開発し、8月27日から提供を開始します。

このサービスでは、タブレットやスマートフォンなどから専用のWebサイトへアクセスし閲覧することで、会議室などの室内に設置する「環境センサー」で計測した空気質の状態を「見える化」できます。また、CO2濃度が一定値を超えるとWebサイトの管理画面上にて知らせるとともに、換気・空調設備へ制御指令を行います。このサービスを利用することで、設備の運用管理業務を軽減するとともに、換気・空調設備が適切な稼働をすることで、省エネと快適な空調環境の維持が期待できます。

ニュースリリース:2021年7月21日:日立

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください