日立 パッケージエアコン電算機専用型 高効率タイプを開発

日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社は、省エネ性が大幅に向上された「日立パッケージエアコン電算機専用型(情報通信向け)高効率タイプ(1220型)」を開発し、2022年7月15日より出荷を開始します。

この製品は、コンパクトな筐体で高い省エネ性と顕熱能力を備え、かつ1ラック当たり8kVA 以上のハイパースケールデータセンターの空調に対応する特長を備えた空冷式パッケージエアコンです。

ハイパースケールデータセンターの空調課題を解決する 空冷式パッケージエアコンを開発 | フィーチャー | ニュース&メディア | ジョンソンコントロールズ日立空調

 

【関連記事】
日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社は、ビル用マルチエアコン「FLEXMULTI(フレックスマルチ)」の新シリーズ、高APFプレミアムモデル「冷暖切換型高効率TGシリーズ」と「冷暖同時型高効率TGXシリーズ」、省スペースモデル「冷暖切換型高効率TSシリーズ」と「冷暖同時型高効率TSXシリーズ」を開発し、2022年4月28日より出荷を開始します。同時に、昨今高まるZEB(ネット・ゼロ・エネルギービル)の需要に向けた高COP(消費エネルギー効率)モデルである「冷暖切換型高効率TZシリーズ」と「冷暖同時型高効率TZXシリーズ」も受注生産を開始します。

ビル用エアコンに寒冷地のニーズに応える運転範囲を実現   従来機種よりさらに省エネ性と機能を向上  高効率ビル用マルチエアコン新シリーズ | フィーチャー | ニュース&メディア | ジョンソンコントロールズ日立空調

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください