施工管理技術検定 令和3年度から制度改正「施工管理技士補」付与

建設業法等の一部改正により、令和3年度からの技術検定試験は、次のように変わります。

1.試験の構成について

現行制度では、学科試験・実地試験として実施されていますが、新制度では、第一次検定と第二次検定に分けて実施されます。

2.検定合格者に付与される資格

現行制度では、学科試験・実地試験の両方に合格した者に「施工管理技士」の資格が付与されましたが、新制度では、第一次検定の合格者に対し「施工管理技士補」の資格が付与され、第二次検定合格者に対し「施工管理技士」の資格が付与されることになります。これらの資格は、両方とも一度取得すると、永久の資格となります。

施工管理技術検定の 令和3年度 制度改正について

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください