LIXIL パブリックトイレ空間を自動設計するクラウドサービスを公開

株式会社LIXIL は、パブリックトイレ空間をクラウド上で自動設計するサービス「A-SPEC」を10月19 日にリリースしました。第 1 弾として、多機能トイレ内の器具レイアウトの自動設計シミュレーションサービスが公開されています。

このサービスの特長は、指定した空間に対して、クラウド上にある「A-SPEC」のプログラムが様々なシミュレーションを行い、数万件のアイデアから、より良いプランを提案する点です。プログラム内には、過去にLIXILが提案してきた設計ノウハウが随所に活かされており、自動計算および、その計算で導かれた自動設計結果のレイアウトが評価されます。

LIXIL  パブリックトイレ空間を自動設計するクラウドサービス「A-SPEC」を10月19日より公開

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください