三菱重工 ビーバーエアコン 2021年モデル JET気流&ワープ運転

三菱重工サーマルシステムズ株式会社は、家庭用ルームエアコンの2021年モデル4シリーズ計23機種を4月1日から順次発売します。

高APF(通年エネルギー消費効率)で省エネ性に優れた最高級モデルのSシリーズ6機種、寒冷地ハイスペックモデルのSKシリーズ4機種、加湿器連動運転機能を搭載した高機能モデルのRシリーズ6機種および標準モデルのTシリーズ7機種をラインアップし、多様なライフスタイルに対応します。

2021年モデルは全シリーズにおいて、別売部品の無線LANインターフェイスを接続することで、スマートフォン連動により外出先からも簡単に操作が可能です。このほか、バイオクリアフィルターに吸着した汚れを酵素と尿素の力で抑制する「バイオクリア運転」、大風量でパワフルな「JET気流運転」、急速な冷暖房ができる「ワープ運転」、風量・風向の自動制御で部屋を均一に効率よく冷暖房する「おまかせセンサー気流」(S・SKシリーズ)や、「おまかせ気流運転」(R・Tシリーズ)などを搭載しています。

三菱重工 | 三菱重工ビーバーエアコン 2021年モデルを市場投入へ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください