アズビル オフィス利用の多様化にも対応する新空調システム

アズビル株式会社は、ニューノーマル時代の働き方に合わせて、よりパーソナルな執務環境や可変性の高いレイアウトに適応し、快適で使い勝手の良いオフィス空間を実現する新空調システム「セントラル空調向け セル型空調システム ネクスフォート™DD」の販売を開始しました。

このシステムは、セル(吹出口単位)で細かく分割されたゾーンごとの温度制御をコントロールするシステムであり、吹出口上部に設置するスマート型ディフューザー用制御ダンパ、空調コントローラ、執務者のデスク上に設置して温度・湿度・照度を計測するワイヤレスセンサ、スマートフォンアプリで構成されます。これにより、執務者がスマートフォンから手軽に周囲を暖かくしたり、冷たくしたり、真夏の帰社時に一時的に涼しくするなどの空調操作ができ、執務者好みの空間を作り出すことが可能になります。また、空調のゾーニングが細かいため、レイアウト変更にもフレキシブルに対応ができます。

ニューノーマル時代に向けた働き方やオフィス利用の多様化にも対応する新空調システムを販売開始 | ニュースリリース | アズビル株式会社

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください