三菱重工 ビル用マルチエアコン新「LX5A」運転制御多様化

三菱重工サーマルシステムズ株式会社は、国内向けビル用マルチエアコン「ハイパーマルチ(Hyper Multi)」シリーズ「LX5」6機種をモデルチェンジし、新たに「LX5A」として8月より販売を開始します。

ニーズに応じて室内ユニットの接続台数および接続容量範囲を拡大したほか、連続暖房運転機能を新たに搭載し、設計自由度の向上と運転制御の多様化がなされています。

今回の新モデルは、合計接続容量範囲が従来の130%から最大200%に拡大され、接続可能な室内ユニット数も7台~14台増えて最大69台までとなり、空調設計をする上で柔軟な対応を可能とします。10馬力、12馬力、14馬力、16馬力、18馬力、20馬力の室外ユニットを2台または3台の計20通りに組み合わせて、最大54馬力までの空調容量に適用できます。

三菱重工 | 国内向けビル用マルチエアコン新シリーズ「LX5A」を8月に発売 三菱重工サーマルシステムズ、従来6機種の設計自由度向上と運転制御多様化を実現

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください