三菱電機 空調・換気設備設計支援アプリが建築設備CAD Rebroと連携

三菱電機株式会社は、建築設計をサポートする独自ソフトウエアMEL-BIM<空調・換気>シリーズの「空調・換気機器設備設計支援アプリケーション」と、株式会社NYKシステムズの建築設備専用CAD「Rebro(レブロ)」とのデータ連携を12月に開始します。

建設業界で導入が加速するBIM(Building Information Modeling)を利用する事業者の利便性を高め、建築業務の効率化が図られます。

三菱電機 ニュースリリース 空調・換気機器設備設計支援アプリケーションが建築設備CAD Rebroと連携開始

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください