令和2年度2級管工事施工管理技術検定「学科のみ試験」合格者発表

国土交通省は、2級土木・管工事・電気通信工事・造園施工管理技術検定「学科試験(後期)」を実施し、令和2年1月15日(金)、学科試験のみ受検者の合格者を決定しました。

技術者の入り口となる2級学科試験について、平成18年度から18歳(高校3年生)での受検が可能となっており、平成28年度より17歳(高校2年生)での受検が可能となっている。さらに受検機会を拡大するため、平成30年度より全ての種目において年2回化が開始されています。

管工事においては、受検者数 2,813人(うち高校生204人)のうち、合格者は 1,619人(うち高校生88人)で、合格率は 57.6%となっています。

報道発表資料:令和2年度2級土木・管工事・電気通信工事・造園施工管理技術検定「学科のみ試験(後期)」の合格者の発表 – 国土交通省

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください