パナソニック 気象データ取得で自動最適発電、戸建住宅向けエネファーム

パナソニック株式会社は、セルラー方式のLPWA(Low Power Wide Area)通信機能を標準搭載した家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」の戸建住宅向け新製品を開発し、2021年4月1日から発売します。

株式会社ウェザーニューズが、「停電リスク予測API」などの気象データを提供し、全数クラウド接続による気象データの取得でレジリエンス機能を向上させるとともに、東京ガス株式会社が協力して保守点検作業の効率化などを提供しています。戸建住宅向けとして一般販売される7世代目の製品となります。

家庭用燃料電池「エネファーム」の戸建住宅向け新製品を発売 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください