昭和鉄工 ボイラー燃料を削減、自然冷媒ヒートポンプ給水予熱機

昭和鉄工株式会社と九州電力株式会社は、食品工場などで使用されている蒸気ボイラーの燃料を削減する「自然冷媒ヒートポンプ給水予熱機」(商品名:プレキュート)を共同開発しました。「プレキュート」は、昭和鉄工株式会社が2022年4月から受注を開始します。

今回、開発された機器システムは、「蒸気ボイラーの給水を効率よく予熱(給水温度を予め上げておくこと)する」ことがコンセプトにされており、蒸気ボイラーの燃料を削減するとともに、CO2排出量の削減を図ることができます。給水を予熱することに機能が絞り込まれ、ヒートポンプ構成部品を極力削減することにより価格が抑えられ、簡単な工事のみで設置できるコンパクトなシステムになっています。また、ヒートポンプの冷媒は、高温出湯ができるエコキュートと同じ自然冷媒(CO2)が使用しており、環境にもやさしい製品です。

ボイラー燃料を削減する「自然冷媒ヒートポンプ給水予熱機」を共同開発しました|昭和鉄工株式会社

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください