ベン Q&A動画 空気抜弁と吸排気弁の違い

空気抜弁と吸排気弁の大きな違いは負圧時の吸気能力です。
断水や事故等により給水立て管内の圧力が低下すると、立て管上部が負圧となり建物内で逆流(逆サイホン)が発生するおそれがあります。
その為、給水立て管頂部には負圧を解消できるだけの多量の空気を管内に導入できる吸排気弁の設置が必要となります。
空気抜弁も配管内が負圧となった場合は空気を吸込みますが、吸気量が少ない為、負圧の解消はできません。

空気抜弁と吸排気弁の違いを教えてください。(回答詳細に動画あり) | 流体制御弁の株式会社ベン

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください