ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

地下油タンク(コロッケ式)廻りの配管


1.適用範囲:コロッケ式地下埋設油タンクの場合。

2.仕様及び施工法

図1 コロッケ式

地下油タンク(コロッケ式)廻りの配管

3.注意事項
1)位置:地下鉄、地下トンネル、地下街、共同溝等から10m以上離す。
2)計量:自動的に感知出来る装置又は計量口を設ける。
3)掲示板:見やすい場所に消危規に定める掲示板を取付ける。
4)注油口:ドライエリア、火気使用区域、避難階段を避けた位置とする。注油口の近傍にタンクローリ車のアース端子が必要か所轄消防署と打合せる。
5)配管:配管に不等な地盤質量のかかるところがないようにする。埋設配管を避け、ピットをオイルタンク躯体まで導く。
6)管の接続部:配管連結部(溶接を除く)は漏れ検出が出来るようふた付ピットに納める。
7)配管の外面防食:告示に定めるところにより、電気的腐食の恐れのある場所に設置する配管には塗覆装及び電気防食を、その他の場所は塗覆装を行う。
8)ドレン配管:注油管又は計量用タッピングから排水用のホースが挿入出来るようにする。
9)その他:アンカボルト及びその基礎固結はタンクの浮力に耐えるようにする。:アンカボルト、ナット、鋼帯はステンレス製とする。:基礎は平板と架台部が構造的に一体となっており、浮力に耐える質量とする。:マンホールとプロテクタは直接接触させずに50mmほど離しておく。:詳細は所轄消防署と打合せる。
10)油配管:エア溜まりをおこさない配管形態とする。(特に鳥居配管を避ける)
11)その他:危険物の貯蔵及び取扱い施設の設置に関して所轄官庁と打合せる。

4.関連資料
消危令第2条、5条、13条  消危規第24条、17条、18条、19条、20条

■JWW-CADファイル.zip(28.74 KB)



Add a Comment