ダイキン クラウド型空調コントロールサービス「DK-CONNECT」

ダイキン工業株式会社は、ビルや商業施設、病院などの業務用空調機の導入や運用、保守、更新において、顧客ごとに異なるニーズに応じた快適性向上やエネルギー消費量削減、管理工数削減を支援するクラウド型空調コントロールサービス「DK-CONNECT(ディーケーコネクト)」を2021年6月より発売します。

このサービスは、空調機の制御データや運転データを送受信するネットワーク端末「DK-CONNECT edge(ディーケーコネクト エッジ)」を介して業務用空調機をクラウドに接続し、パソコンやスマートフォン、タブレット端末から監視、制御などの一括管理ができるソリューションです。

様々なアプリケーションにより、空調機の運転状況の確認や遠隔操作などの基本的な管理に加え、照明や換気装置といった設備との連携による省エネ性、利便性、快適性の向上などが可能となります。また、異常が発生した空調機を応急的に復旧させて事業への影響を最小限に抑えるなど、顧客の管理ニーズに応じたアプリケーションを新たに組み合わせることとができ、顧客ごとの空調管理の効率化を支援します。

クラウド型空調コントロールサービス『DK-CONNECT』を新発売 | ニュースリリース | ダイキン工業株式会社

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください