ダイキン 空調機の新たな静音化技術を実用化、送風音を20%以上低減

富士フイルム株式会社とダイキン工業株式会社は、空調機の新たな静音化技術を実用化しました。

この技術は、富士フイルムにより、「風は通し、音は通さない」というコンセプトで開発された通風防音材による静音化技術です。ダイキンが、この技術の実用化に向けて、加湿・換気機能付きエアコンに通風防音材を実装した結果、加湿・換気量を確保しながら運転時の送風音を20%以上低減することができました。

今回の成果を踏まえ、ダイキンは、実用化された通風防音材を「加湿・換気静音キット」として、発売中の2022年ルームエアコン「うるさらX」「うるさらmini」のオプション品として今春より販売する予定です。

富士フイルムとダイキンが空調機の新たな静音化技術を実用化 | ニュースリリース | ダイキン工業株式会社

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください