ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

三菱重工 低GWP冷媒(R454C)採用の循環加温ヒートポンプの開発・販売


三菱重工サーマルシステムズ株式会社と中部電力株式会社は、日本で初めて地球温暖化係数(GWP)が従来の約10分の1となる冷媒R454Cを採用して環境負荷を大幅に低減するとともに、外気温度マイナス20°Cから75°Cの温水取り出しを可能とした工場向け空気熱源循環加温ヒートポンプ「Q-ton Circulation(キュートン サーキュレーション)」を共同開発しました。本開発機は、三菱重工サーマルシステムズが本年8月より販売を開始します。

循環加温ヒートポンプ

中部電力|循環加温ヒートポンプ「Q-ton Circulation」の開発・販売について~地球温暖化の抑制に大きく貢献する低GWP冷媒(R454C)を日本で初めて採用~ – プレスリリース(2018年)



Add a Comment

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.