ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

銅管・鋳鉄管(排水用)・鉛管の吊りボルトの選定


1.適用範囲:銅管・鋳鉄管(排水用)・鉛管をスラブから吊りボルトで吊る場合。
2.仕様及び施工法(表1による。)
1)銅管 表1 吊りボルト仕様
2)鋳鉄管(排水用)
直管1本につき1個所(かつ1,200以内ごと)、異形管1個につき1個所の支持で、口径100φまで吊りボルト径M10、口径125~250φまで吊りボルト径M12とする。
3)鉛管
すべて吊り間隔1,500以内で吊りボルト径M10とする。必要に応じ、半円系の樋受けを設ける。
3.注意事項
1)アンカボルト:ボルト径12mm以上のものは原則としてコンクリート打設時に躯体に打ち込んだ先付けアンカボルトを使用する。
:設計変更等で打ち込んだインサートが使用出来なくなった場合は設備担当者のチェック及び承諾を得てから床スラブを斫りアンカボルト(180°フック付)又は後打ちアンカボルトを取付ける。
2)支持点の質量:支持点にかかる質量が150kgを超える場合は構造設計者と協議する。
3)インサートの色別:インサートは各業者ごとに色分けする。
4)共通吊り:共通吊りを行う場合はその項に準ずる。

銅管・鋳鉄管(排水用)・鉛管の吊りボルトの選定

■JWW-CADファイル.zip(4.71 KB)



Add a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください