ヤンマー・東京ガス 常用ガスコージェネレーションシステムを共同開発

ヤンマーエネルギーシステム株式会社と東京ガス株式会社、東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社は、420kW常用ガスコージェネレーションシステム「EP420G」を共同開発し、2月1日より発売します。

この製品は全国でおよそ170台の導入実績がある370kW常用ガスコージェネレーションシステム「EP370G」をベースに開発された製品で、400kWクラスの出力帯において世界トップクラスの発電効率42.6%が実現されています。また、近年、地震や台風による停電時のBCP対策の必要性が高まる中、分散型エネルギーシステムとして、レジリエンスの向上が期待されます。

世界トップクラスの発電効率を実現した 常用ガスコージェネレーションシステム「EP420G」を共同開発|2022年|ニュース|エネルギー|ヤンマー

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください