建築設備士試験「第一次試験」の免除回数・期間の変更について

建築設備士は近年高齢化が進んでおり、若年層を含む受験者の受験機会の拡大・柔軟化を図る観点から、令和2年 12 月の建築設備関係団体からの要望等を踏まえ、「第一次試験」の免除回数・期間について、建築士試験と同様に拡大することとされました。

具体的には、令和3年以降の「第一次試験」に合格した場合、次の年から続く4回のうち任意の2回(同年に行われる「第二次試験」を欠席した場合は3回)について、「第一次試験」が免除されます。

建築設備士試験の申込み方法及び 「第一次試験」の免除回数・期間の変更について

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください