ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

保温工事・一般事項(1)


1.一般事項
配管類、機器類の保温は、所定の仕様により保温、断熱を行うものとし、施工の一般事項を下記に示す。
1)保温の厚さは、保温主材の厚さとし、外装及び補助材の厚さは含まないものとする。
2)保温材の相互の間隙は出来る限り少なくし、重ね部の継目は同一線上を避けて取付ける。
3)ALGK保温筒は、接着面の汚れを十分除去後、貼り合わせる。筒の継目はアルミガラスクロスクラフトペーパー粘着テープ(100mm幅)で貼り合わせる。
4)ポリスチレンフォーム保温筒は、1本につき2個所以上粘着テープ2回巻きとする。
5)鉄線巻きは、原則として、帯状材の場合は、50mmピッチ以下にらせん巻き締め、筒状材の場合は1本につき、波形保温板の場合は1枚につき2個所以上2巻き締めとする。
6)テープ巻きその他の重なり幅は、原則として、テープ状の場合は15mm以上(ポリエチレンフィルムの場合は1/2重ね以上)その他の場合は30mm以上とする。防水麻布巻きの場合は、その上を2m間隔に鉄線2巻き締めのうえ、スファルトプライマ2回塗りを施す。
7)テープ巻きは、配管の下方より上向きに巻き上げる。アルミガラスクロス巻き等で、ずれるおそれのある場合には、粘着テープを用いてずれ止めを行う。
8)アルミガラスクロス化粧保温帯及びアルミガラスクロス化粧波形保温板は、合せ目及び継目をすべてアルミガラスクロス粘着テープで貼り合せ、1枚につき1個所以上アルミガラスクロス粘着テープ巻きとする。
9)金属巻きは、直管部ははぜ掛け、曲がり部は、えび状又は整形カバーとする。屋外及び屋内の多湿個所の継目は、はんだ付又はシーリング材のシールとする。

保温工事・一般事項(1)

■JWW-CADファイル.zip(3.35 KB)


■ダウンロードマネージャーへ



Add a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください