冷媒配管の支持間隔

配管の支持間隔:横走り管(参考:一般銅管の場合)
呼び径20A以下~40Aまでの支持間隔は、1.5m以下とする。

立て管 ⇒ 各階に1箇所支持(2m以内とする。なお床貫通部を埋め戻し、振止めを施す)、最下階および階数3以内ごとに1箇所床に固定する。

■支持金具の例(CAD):吊りバンド型・ビス固定型・壁面直付け型・ワンタッチ取付け型
注)1.保温材は、グラスウール保温帯およびウレタンフォームを巻き、バンドと配管の間にがたつきがないようにする。

■JWW_CADファイル.zip(26.27 KB)

■ダウンロードマネージャーへ

レビューの概要

5.0
Rated 5 out of 5
5つ星中5つ星です!(1人のお客様のデータ)
最高100%
良かった0%
ふつう0%
いまいち0%
最悪0%

 

最近のレビュー

解かりやすい

Rated 5 out of 5
2022/12/11

CADデータなので、編集がし易いです。

muta
Verified

 

レビューを送信する

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください