冷媒配管の壁貫通(2) 冷蔵庫・冷凍庫間の断熱壁

1.適用範囲:冷蔵庫・冷凍庫間の断熱している壁を貫通する冷媒配管。

2.仕様及び施工法(図1:壁貫通部の収まり図.jww)

3.施工手順
1)貫通部を除き断熱材(1)を施工する。
2)壁開口部に耐水ベニヤ箱を取付け配管を挿入する。
3)配管を固定する。
4)耐水ベニヤ箱にウレタンを注入発泡する。
5)壁貫通部廻りの防湿層及び断熱材(2)の工事を施工する。
6)配管の保温工事を施工する。
7)ラスモルタル及び仕上げ材を施工する。

4.注意事項
1)防湿層の押え:配管廻りは、箱の部分を防湿シートで増し張りし、図のように配管部まで巻き上げ、その上から番線で締め付け防湿シートを配管に固定する。
2)耐水べニヤの防湿処理:耐水ベニヤと防湿シート(アスファルトの場合)との付着を良くする為及び耐水ベニヤの防湿性を高める為コールタールのどぶ付けを行う。
3)吊りボルト:冷媒配管は断熱ボルトで吊る。断熱ボルトの長さは断熱材の厚さと同等以上とする。
4)冷媒配管の支持:図1のように木台を介して配管をチャンネルに載せ固定する。この場合平鋼と配管の間に2mmのゴムパッキンを入れて締付ける。チャンネルを使用しないで支持する場合は、インシュレーションスリーパで吊る。

■JWW_CADファイル.zip(53.29 KB)

■ダウンロードマネージャーへ

レビューの概要

0.0
Rated 0 out of 5
5つ星中0つ星です!(0人のお客様のデータ)
最高0%
良かった0%
ふつう0%
いまいち0%
最悪0%

 

最近のレビュー

ぜひ最初のご感想をお聞かせください。

 

レビューを送信する

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください