パッケージ型空調機の耐震設置

1.適用範囲:防振パッドによる固定の場合。

2.仕様及び施工法(図1:パッケージ型空調機の設置.jww)

3.注意事項
1)固定:機器内部で振動源の防振が十分考慮されている場合及び設置上防振を考慮しなくて良い場合、アンカボトルで直に固定する(防振材不要)。防振を要する場合、アンカボトルは防振材を介して、最小限の可動幅を残して行う。背面つなぎ板についても同じ。
2)基礎:コンクリート基礎は床板に定着されるか十分に付着させる。
3)木台:木台を用いる場合も床板又はコンクリート基礎に緊結させる。
4)つなぎ板:背面スペースが少ない場合は側面からのつなぎ等を考慮する。
5)防振パッド:防振ゴムパッドの許容荷重は、概ね2~3kg/cm2が基準となっているので、ゴムの受圧面積設定に留意する。
6)接続:配管接続にはフレキシブル継手を使用する。
7)その他:ナットとプレート穴が偏芯してゴムに不当な力がかからないようにする。つなぎ板はパッケージ本体の骨組(アングル)からとること。

■JWW_CADファイル.zip(9.25 KB)

■ダウンロードマネージャーへ

レビューの概要

0.0
Rated 0 out of 5
5つ星中0つ星です!(0人のお客様のデータ)
最高0%
良かった0%
ふつう0%
いまいち0%
最悪0%

 

最近のレビュー

ぜひ最初のご感想をお聞かせください。

 

レビューを送信する

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください