ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

ポンプ廻りの配管(3)


1.適用範囲:防振架台設置の場合。(消火ポンプを除く)
2.仕様及び施工法(図1 ポンプ廻り配管(二重基礎)による。)
3.注意事項
1)配管の防振:配管の吊込みの防振材は、上階及び周囲の環境維持で特に問題視されない場合は、図1のように取付ける。
2)防振用継手:材質は、テフロン又はゴム系のものとし、直管フランジ形とする。バネ定数は、目安として50以下のものを選定する。
3)防振材に作用する荷重:機器及び架台質量のほかに、水圧による荷重を加えた、いわゆる運転質量で考虜する。
4)防振基礎:コンクリート製二重基礎を標準とする。既製品の防振ユニットの使用については、設備担当者と協議する。
5)管固定:防振用継手の近傍で配管で固定する。
6)圧力計:圧力計はブルドン管式(JIS 7505)とし、丸形で径100φとする。目盛は、最高使用圧力の2倍とする。
7)呼水管:配管は、「呼水管の取付」の項に準ずる。

ポンプ廻りの配管(3)

■JWW-CADファイル.zip(11.13 KB)



Add a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください